調査書・診断書

建物も人の体も、年齢と共にしっかり健康管理をしていくことが大切です。そのためには、まずご自分で意識することが大切です。普段と違う症状が発見できたら、専門家に精密検査(診断書)してもらい、より良い治療法(工法・仕様書)を作成してもらうと良いでしょう。何処に何をどう処置すれば、どのくらい費用が掛かるということがわかります。

施工箇所や使用材料の詳細書が提出されているか?

塗装工事に限らずリフォームでのトラブルの多くは、「言った」「言わない」等の、口約束によるものです。見積書はもちろんその他工事内容詳細書等細かく明記してあるか確認しましょう。

訪問販売のウソとホント

ある全国組織の塗装会社が頻繁に訪問営業をし、お家の塗り替え工事を高額で取っていた時期がありました。しかし、荒稼ぎ(?)した後、3~4年で全国の営業所を閉鎖し、撤退しています。彼らはアフターフォローをいったいどうするのでしょうか?訪問販売が悪いわけではありませんが、トラブルが多かったのは確かです。

契約を急がされたり、大幅な値引きを提示してきた場合は「なぜそうなのか」を聞いてみることが大切です。

比較・検討

口約束は、 とにかくトラブルのもとです。簡単な工事の場合でも、金額に関わらず、必ず契約書を取り交わすことが大切です。「言った」「言わない」のトラブルをよく耳にすることがありますが、そんなことにはならないよう、工事範囲・金額・支払条件・工期など、外装工事の工事期間は家の条件などでまちまちですが、工事期間をきっちりと確認することが必要です。

また工事期間中の注意事項(洗濯・出入りなど)もよく確認しましょう。当然のことですが、着工前には近隣の方々にもご挨拶をします。(着工約1週間前)

工事期間中にあなたが疑問に思ったことなどはすぐに聞くこと、確認することが大切です。言いにくい事とかがあれば職人さんではなく担当の営業の方に言うほうがいい場合もあります。

また、追加がある場合には後精算にせず、その都度金額を確認した方がよいです。

株式会社ヨシカワ

代表取締役 吉川昌利

〒950-1101

新潟県新潟市西区山田2307-336

TEL:025-231-3838

FAX:025-231-6335

メールアドレス:info@2313838.com

What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから